<「2Pギャグ頂上決戦 GGグランプリ」について(前編)>

2006・11・9

*後編はこちらです。

 今のガンガンには、分厚い誌面の巻末付近に、「2Pギャグ頂上決戦 GGグランプリ」というコーナーがあります。これは、読者から投稿ギャグマンガ(4コマ、もしくは2Pで収まるショートコミック)を掲載するコーナーで、複数の投稿者(通例6名)による競作の形式を採用しています。そして、読者アンケートの人気投票によって順位を決め、上位の者ほど多くのポイントを与え、毎月の投稿でポイントを重ね、一定のポイントに達したものに賞金と読み切りマンガの掲載権を与えるという仕組みになっています。

 以上の説明からも分かるとおり、このコーナーは、有望な投稿者に対して作品の掲載場所を提供し、ギャグマンガの新人を発掘する場としての役割を与えられています。遡れば2000年の11月号から始まり、延々と6年間も続いています。当初のタイトルは「2Pでギャグをやってみないか?」で、2002年に今のタイトルに変更されました。読者の間では「2Pギャグ」と略して呼ばれており、ここでも以後その略称で呼びたいと思います。

 そして、このコーナーが始まった時期は、あの「エニックスお家騒動」の直前、ガンガンが強引な路線変更をはじめ、誌面が混乱し始めた時期と完全に一致しています。おそらくは、路線変更を目指した編集者たちが、従来とは異なるタイプの誌面を目指して作った企画ページだと思われ、実際、当時のガンガンではかなり毛色の異なる雰囲気のコーナーでした。しかし、ほどなくしてエニックスお家騒動が巻き起こり、従来のガンガンを作っていた編集者と主要な作者たちは一斉に離れていき、後には路線変更を目指した編集者だけがガンガンに残る形となり、ガンガンの路線変更は決定的となります。そして、この「2Pギャグ」も、新しいガンガン路線を示す象徴的なページとなり、今のガンガンまで継続してきたのです。

 しかし、このコーナー、6年ものあいだ続けてきた割には、一様にクオリティは低いままであり、しかも、本来の目的であるギャグマンガの新人を発掘するという点においても、さほど大きな成果を挙げていないようなのです。このページでは、この「2Pギャグ」という一コーナーについて、その意義を考察していきます。


・どう考えてもレベルは低い。
 まず、肝心の投稿作品のレベルなのですが、当初から一様に低いレベルに収まっている点は否定できません。というか、はっきりいってレベルは低い。特に初期の頃がひどく、どう見ても素人が描いたようなマンガにしか見えませんでした。というか、素人か(笑)。昔あったドラクエ4コマで、投稿者の4コマを集めた本(4コマクラブ傑作選)が出ていましたが、あれよりも低いんじゃないかというレベルでした。

 しかも、この投稿コーナーの場合、ガンガンという雑誌に載っていることが問題です。素人レベルの作品を、雑誌で他の連載と並行して載せてよいものでしょうか。明らかな誌面レベルの低下につながり、読者としても毎回毎回まったくつまらないページに遭遇するのはつらいものです。しかも、一掲載ごとに数万円という高額の賞金を出しており(現在は3万円)、その点でも「こんなマンガに何万円も出してどうする」という意見が頻繁に聞かれました。いくら素人投稿者のためのコーナーとはいえ、読者に苦痛を与えるようなレベルでは問題です。このコーナーが、ガンガン誌面の質が下がる一要因になった点は否定できません。

 現在では、かつてよりはかなり掲載作のレベルは上がっているようですが、それでも本当に読める作品数は多くなく、6本の投稿作のうち、1〜2本が面白ければ良いという状態です。正直、このコーナーを楽しみにしている読者がどれだけいるのか、はなはだ疑問です。


・絵のレベルが低すぎるのが最大の問題。
 中でも、とにかくおしなべて絵が下手すぎるのが最大の難点でした。ギャグのネタを楽しむ以前に、まず読む気が失せるほどの低劣な絵の作品が多く、そんなマンガが何本も並ぶことも珍しくありませんでした。確かに、ギャグマンガは、ストーリーマンガに比べれば高いレベルの絵でなくとも通用することが多く、細かい技術よりも個性やセンスを重視した「ヘタウマ」系の絵が評価されるケースもままあります。しかし、いくらなんでもここまで絵のレベルが低くては、到底話になりません。なにか、「とりあえず適当に描いて適当に投稿しました」というレベルのマンガばかりでした。
 中でも極めつけが、のちにガンガンで致命的な読み切りを数多く掲載する「地獄ゆき」の作品であり、そのどう見ても小学生の落書きにしか見えない作画レベルは、あまりにも明確にこのコーナーの絵のレベルを象徴していました。

 そして、実は編集部の方でも、掲載する投稿作の絵の下手さを理解していたような節があります。数年前のガンガンのアンケートハガキで、この「2Pギャグ」に関する設問がありました。「2Pギャグにどのようなマンガを望みますか」というような設問で、次の2択の回答が用意されていました。

 このような設問を用意することからして、編集部が投稿作品の絵のレベルの低さを自認していたことは一目瞭然でしょう(笑)。編集部も、寄せられてくる投稿作が下手な絵ばかりだということを気づいていたのです。あるいは、読者の方からも不満の声が寄せられたのかもしれません。
 しかし、この設問の内容はかなり痛いものです。ギャグのネタと絵と、そのどちらがよければいいという問題ではないのです。マンガというものは、絵とネタ(内容)と、その双方から成り立っているのであって、どちらが欠けてもダメなのです。つまり、絵とネタと、その両方が一定以上のレベルでなければ合格とは言えない。いくらネタが良くても、絵が素人レベルでは読んでもらえないでしょう。

 どうも、路線変更以後のガンガン編集部は、このあたりのことを誤解している節があり、「ギャグマンガだから絵は下手でも構わない」と考えているところがあるのです。これは明らかな誤りですが、そのために、素人レベルの下手な絵の投稿作でも平然と載せてしまい、そのことで読者から不満の声が寄せられた可能性があります。そして、これは2Pギャグ以外の読み切りギャグマンガでも頻繁に見られ、とにかく絵のレベルが低すぎる読み切りが平然と載る状態が、初期の数年の間長く続いていました。このサイトの記事で採り上げた「地獄ゆき」や「堀田和哉」の読み切りは、その代表と言えます。

 もっとも、最近では、以前に比べて絵の整った投稿作が載ることが多くなり、ようやくそれなりに見られるようになりました。ガンガン編集部も、ようやく自分たちの考えが間違いだということに気づいたのでしょうか。


*続きは後編記事でどうぞ。こちらです。


「少年ガンガンの作品」にもどります
トップにもどります