<2008冬・オフ会&コミケレポート(前編・冬コミ2日目編)>

2009・1・6

*中編はこちらです。
*後編はこちらです。

 夏コミのレポートに引き続いて、今回再び参加した冬コミ、及び再度開いたオフ会のレポートを行いたいと思います。前回の記事が思いのほか評判が良く、今回もやってほしいという声がありましたので、再び思い出せる限りの詳細なレポートを行いたいと思います。相変わらず必要以上に長いので根気のある方だけお読みください!


・出発までの道のり。
 前回の夏コミ終了直後は、「次に行くのは来年の夏コミ、1年後になるかな」などと思っていました。しかし、ここで初参加したイベント、初開催したオフ会の楽しさが忘れられず、ほどなくして(1カ月も経たないうちに)冬コミに行こうと決めてしまっていました(笑)。実は、年末は仕事が非常に忙しい時期なのですが、早いうちから勤務先に東京行きを申請して、無理を言って承知してもらいました。

 加えて、今回は初の同人誌を作成し、それを初めてイベントで売るという企画まで実行に移しました。夏コミ終了直後は、冬に参加するとは考えていなかったため、サークル参加申し込み等は当然していなかったので、お知り合いの方のスペースに委託させてもらうことになりました。かれこれ2カ月もかけて2冊の同人誌を完成させ、表紙もまた別のお知り合いさん2名に頼み込んで描いていただき(まさに多くの人のありがたい善意から成り立っています)、ついに形にすることが出来たのです。印刷所から直接搬入する手続きも済ませ、宿泊先や新幹線の予約もすべて済ませ、前日まで忙しかった仕事もなんとか乗り切り、ついに満を持して出発です!


・新幹線で一路東京〜最短の道のりで冬コミ2日目へ参加。
 わたしが今回参加したのは、冬コミ2日目(12月29日)、3日目(30日)の2日間です。夏コミの時と同様、あまり多く仕事を休むことが出来なかったため、1日目は断念して残りの2日のみ参加です。
 当日の朝まで仕事があったので、それを済ませて最も早く乗れる新幹線に乗ることにしました。前回は8時半広島初ののぞみに乗ったのですが、今回は一刻も早く冬コミに参加したかったので、7時37分広島発ののぞみを選びました。そのため、朝が切羽詰っていて時間がなく、朝食も食べずに新幹線の中で弁当を食べることにし、て一路自宅→岩国駅(自転車)、岩国駅→広島駅(在来線)、広島駅からは新幹線のぞみで一路東京です。広島駅で慌しく弁当や差し入れ用のお土産を買って、なんとか予約した新幹線に乗って一安心。車内ではここで暇を潰すべく持ってきたヤングガンガンとガンガンWINGを読んで、弁当やサンドイッチを食べているうちに意外に早く時間が過ぎ、あっという間に11時25分には品川に到着してしまいました。何度乗っても東京まで4時間ってのは本当に速いです。

 品川からは山手線で2駅西隣の五反田駅へ。今回も宿泊先は五反田です(前回と宿は違う)。品川からわずか2駅、ホテルは駅からわずか1分、1駅隣の大崎駅からりんかい線で東京ビッグサイトまで直行13分と、まさに最高の立地です。ホテルには他にもコミケ参加者と思われる人が結構いました(笑)。とりあえず荷物だけ置かせてもらって、迷うことなく一路東京ビッグサイトへ。りんかい線には思ったほど人が乗っておらず、会場への道のりでも帰ってくる人の方が多いくらいでしたが、それでも会場に着くと人はまだまだすごく多かったです。到着したのは12時10分ごろ。思った以上に早い到着でした。

 さて、実は2日目の会場では、到着してまもなく会場入り口で人と会う約束をしていました。前回の東京でも散々お世話になったすいーとポテトさんです。12時半に待ち合わせ、ふたりで一緒に加月猫さんのスペースに訪問しようと、事前に打ち合わせていたのです。また、この方には11月のコミティア(創作同人誌即売会)で、東京に行けないわたしに代わって買いたかった同人誌を購入していただいていたのですが、それを受け取る約束もしていました。

 で、12時10分に到着して待ち合わせ時間に間に合ったのはいいのですが、その後12時30分までちょっと間が空いてしまい、しばらく暇になってしまいました。20分では、会場のどこに行っても帰ってこれるあてがなく、中途半端に時間が浮いてしまい、近くのコンビニでお菓子を買って暇を潰しているうちに、そろそろ12時30分。待ち合わせ場所の柱の周りをぐるぐる回っていると、ついにすいーとポテトさんと再会できました。ネットでは毎日顔を会わせていますが、直接会うのは10月のよんこま小町以来でしょうか? 一緒におられたお友達のごまさんとも挨拶を交わし、頼んでいた同人誌も無事受け取り(これは今夜ホテルでゆっくり読むことにしました)、いよいよスペースの巡回です!

 まずは、 予定通り加月さんのスペースへ行くことに。ボーカロイドのスペースなので、西館へ。西館へと繋がる通路はもう人、人、人の波でした・・・。エスカレーターに乗る前にかなり待たされ、ようやく乗ったあとはホールへと続く広間へ。ここは普通に通り抜けられましたが、ホールに 入った後はまたものすごい人ごみでした。夏コミに引き続いてここは「東方」と「ボーカロイド」という二大人気ジャンルの聖地。もう1時も前だというのに、まだこれだけ人がいるというのは信じられません。これだと、朝のうちは一体どれだけの人出だったのかと聞くと、何でも「地獄だった」らしいです・・・(笑)。それともうひとつ、西ホールでもボーカロイドのスペースは、とにかく女性のお客さんが多いのが印象的でした。だいたい男女半々か、若干女性の方が多いようにも見えました。サークル参加者にも女性の方が多く、実にこのジャンルらしいと思いました。

 そんな様子の西ホールの中、なんとか人ごみの中を縫うように進み、ようやく加月さんのスペース・つくよのうたへと到着!
 加月さんは、ちょっと前にわたしが日記(ブログ)で紹介してしまったことがきっかけで、ネット上で交流を重ねるようになり、ついには冬コミでスペースを訪問することを約束してしまったのです。そのために同人誌を予約(取り置き)までしてもらって、スケッチブックも書いてもらうように約束していました。すいーとポテトさんも、かつてのイベントでスケッチブックを描いてもらっていたくらいのファンで、やはりここ最近ネット上で交流を行っていました。そこで、ふたりして一緒に訪ねることで意気投合していたのです。

 ふたりでスペースに並んで早速挨拶すると、加月さんも気づかれたようで、ここでみんな揃って会えたことを喜びました。ひとしきり普段ネットで話している話題で花を咲かせつつ、今日のスペースはどんな感じ?とかそんな話でも盛り上がりました。やはり今日は朝から大変だったようで、そして幸いにも売れ行きは良いとのこと。ここで同人誌を取り置きの分も含めてすべて買わせていただきました。グッズのラミカもあったのですが、これは早々に売り切れたとのこと(わたしの見ている前で最後のひとつが売れていきました・・・)。

 そして最後に、スケッチブックをふたりで頼もうとしたのですが、加月さんはこちらでも大人気で、もうあと5冊くらいストックを抱えていらっしゃったので、これ以上負担をさせられないと思い、自分たちの方から断ることにしました。わたしは、イベントでスケッチブックを描いてもらおうとするのは初めてだったので、泣く泣く断念したんですよ! しかし、この時は本当に無念だったのですが・・・これが後になって思わぬ幸運が舞い込むことになります。

 そんなこんなでひとしきり加月さんのスペース前で楽しいひと時を過ごし、惜しみつつ別れました。その後は、すいーとポテトさんはもう宿泊先に帰られて早めに休養するとのことで、ここでお別れ。ここからがいよいよ一人でサークル巡回の本番です。
 まずはそのまま西館で東方&ボーカロイドを中心に、同人音楽やノベルゲームなどのサークルスペースを巡回。わたしのサークル巡回は3日目が中心なのですが、それでも今回はこの2日目のサークルも(東方を中心に)チェックしていました。しかし、残念ながらこの1時を過ぎた段階では、チェックしていた人気サークルはほとんどが売り切れていたのです。特に東方は全然成果が得られませんでした。ほしい霊夢のバッグがあって3日目の巡回で本気で使いたいとか思っていたんですが、その望みも露と消えました。

 そんな中でほんの少し買ったものとしては、こねこねこさんとちびっこフォークさんのところで出されていた同人音楽CDです。なぜこのふたつで買ったかというと、どちらも好きなイラストレーターさんがジャケットを書いていたから・・・というのが最大の理由だったりします(笑)。前者はつなこさん、後者は鉢乃さんですかね・・・。こういう買い方をするとお金がどんどんなくなっていくので気をつけないといけません(笑)。とりあえずこの日はこのふたつだけにとどめておきました。

 あとは、ぶらんくのーとさんで、同人ノベルゲームとその外伝小説「ひまわり」「こもれび」「かげろう」を買いました。現在ここの作家さん(ごぉ&たつきちさん)はガンガンオンラインでも小説を連載しており、そこから知って一度直接スペースを訪ねてみたいと思っていました。商品を手にとって見ると思った以上に本格的な装丁で、さすが大手人気サークルと感心してしまいました。ここの作品はどれも面白いので、ガンガンオンラインの小説ともども皆さんチェックしてみてくださいませ。

 一通りホール内を回ったあと、西館では思ったほどの成果が期待できなかったので、早めに東館へと移動します。今回、2日目に東館ではガンガン系(FCガンガン)のジャンルが配置されているので、こちらも楽しみにしていたのです。(前回の夏コミでは1日目の配置だったので、残念ながら行くことが出来ませんでした。)行く途中で次回夏コミのサークル参加申込書セットを買いつつ、スペースへと急ぎます。途中でひとつだけ、ヒナユキウサさんのサークルでオリジナル和装少女のイラスト本を購入。午後になっても残っていてラッキーでした。

 そしてようやくガンガン系のスペースに到着。とはいえ、ガンガン系のスペースはそんなに広くはありません。そもそも最近のガンガン系は(同人的に)あまり人気がないですし、人気のある作品のサークルも、ガンガン系ではなく1日目のアニメスペースとか、3日目の男性向けスペースで取っているところも多いです。作品別に見ると、「ARIA」だけはかなり多めにサークルがありましたが、それ以外はぽつぽつといったところ。原作もアニメも大人気の「黒執事」も、ここではさほど多くはありません。1つか2つしかサークルがない作品も多いです。とはいえ、その分、ひとつひとつじっくりと見ることが出来てありがたくもありました。何を買うかは迷ったのですが、たくさんの執筆者さんによって描かれる「合同誌」を中心に買ってみることにしました。いろんなファンの方の作品を見られると思ったからです。買ったのは「ARIA」や「dear」「はこぶね白書」の合同誌。買いませんでしたが「Pandora Hearts」の合同誌があったのはちょっと驚き。「ARIA」はともかく「dear」「はこぶね白書」の同人誌は数が少なく貴重だったので、来た甲斐はあったかもしれません(とくに「はこぶね」の同人誌は希少)。それ以外の個人誌もちょこちょこ買わせていただきました。

 ガンガン系の周囲には、電撃系や4コマ系もあり、しばらくの間そちらも巡回しました。「GA」の同人誌で感じのよさそうな絵柄の本があって、買うかどうか迷ったのですが、迷って一旦他の場所に行っているうちに売り切れていました・・・。

 そんなこんなで巡回しているうちに、そろそろ時間が過ぎてきたので、早めに会場をあとにすることに。実はこの日は、前回のオフ会のメンバーのほとんどと16時30分に新橋で会う約束になっていて、早めに切り上げる予定だったのです。前回の2日目は帰りの人波が滅茶苦茶多く、特に駅(りんかい線国際展示場駅)近辺はごったがえして前に進めないような状態だったので、今回は早めに帰ることに。しかし、どういうわけか今回はさほど混んでおらず、ほとんど待たずにスムーズに電車に乗って帰ることができました。


 思ったより早めに帰ることが出来たので、ホテルの部屋で少しゆっくりした後、集合時刻に間に合うように出発。今度は山手線で新橋駅へ。ちょうどいい時間に集合場所に着いたと思ったら、あっという間に他の方も全員集まっていました。さすが全員が前回のオフ会参加者だけあってこなれています(笑)。集まったのは、蝉海夏人さん・ふきさん・森林鳥木さん・ARTさんの4人。既に宿泊先に戻って休養中のすいーとポテトさんを除く、前回の参加者すべてが再び集まったことになります。当初はどこかに出かけて買い物巡りでもしようか、という予定だったのですが、ここまで大人数集まってしまったのだからどこかに集まってオフ会でもやるのが無難だろう、ということになって、結局前回と同じカラオケボックスでミニオフ会ということに。

 やることは前回とほぼ同じ感じでしたが、一応今回は今買ったばかりの同人誌とそれ以外に実家から持ってきたものをいくつか披露用に持って行きました。とりあえずの話題としては、やはりその冬コミ関連から始まりました。わたしと同様に森木さんがあれこれ今日の戦利品を披露され、なるほどこんなものがあったのかと感心しつつ観賞。ボーカロイド関連の本やグッズが多かったですが、その中におにねこさんの描かれたジャケットイラストがあって思わず見入ってしまいました(これ)。何でもこのイラストに惹かれて買われたらしいですが、わたしもまったく同じことをやっているので人の事は言えません(笑)。というか、このアルバムはほしかったな・・・。きちんとチェックして買えばよかった・・・。
 その後はいつもどおり冬コミ関連やスクエニ関連の話をいろいろとまったり。5時から8時までと前回同様かなりの時間があり、ゆっくりと楽しむことができました。なんだかこの日は時間が進むのがゆっくり感じられましたよ。普通、楽しい時間は速く過ぎてしまうものですが、この遠征だけはなにか違いますね。あるいは、当初の予定になかった会合なのでよりのんびり出来たのかもしれません。特にお題もなく、のんびりまったりとした話題で楽しむことができました。

 ただ、途中で何度か出したわたしの戦利品は、あんまり奮いませんでしたね・・・。今日買ったガンガン系の同人誌についてはまだそこそこ盛り上がりました。やはり「はこぶね白書」や「dear」の同人誌は貴重ですからね。しかし、それ以外は何を出してもあんまり反応がなかったです。特に、自宅から持ってきた○○さんの10年前の同人誌は、自分としてはこれは凄いだろうと自信を持って出した目玉商品だったのですが、なんだかあんまり大した反応がなかったです・・・。これははっきり行ってしょんぼりでした。
 まあ、そんな残念なことがちょっぴりありましたが、全体的にはのんびり楽しめた3時間でした。料理のたこ焼きが切れて注文できなかったことだけが心残りでした(笑)。

 オフ会終了後は、そのまま散会となったのですが、わたしはまだ年末に買っていなかった商業誌のコミックスがたくさんあったので、一路秋葉原へ。この年末はコミックスの発売が集中し、全部で20冊近く買う予定だったのですが、まだ半分ちょっとしか買っていなかったのです。そこで、特典付きのコミックスを求めてアニメイト・とらのあな・ゲーマーズを巡回。何だか意外に揃えにくくて、全部の書店を回ってようやく揃ったのですが、運良く特典付きはひとつも漏らさなかったので良かったかな。これは地元では絶対出来ない買い方ですね〜。店が揃っている都会でないと出来ない。買ったのは隠の王ゾンビパンドラトリフィルフダンシズムちょこっとヒメ祈り姫ひだまりといったところだったかな? とりあえず買いたいものが全部手に入ってよかったです。

 買うのにかなり時間がかかってしまったので、夕食とホテルに戻るのが結構遅れましたが、それでもなんとか11時前には戻り、風呂に入ってようやくひと心地つきました。今日の戦利品の整理と明日の準備を済ませつつ、ありがたいことにホテルのロビーでPCが使えたので、掲示板とmixiの日記の書き込みと、何より今日会った加月さんにお礼のメッセージを出して、あとは部屋に帰ってコミティアで代理購入していただいた同人誌を読んで眠くなるまでのんびり。実はこの本の中に素晴らしいものがいくつもあって思わず泣いてしまいましたよ・・・。特にとみやきさんの「スウリ」とうさみさんの「月とカエル」!(このおふたりのスペースには翌日訪問することになります。)

 そんなことをしているうちに夜の1時近くになってしまったので、ようやく就寝。これで怒濤の1日目は終了しました・・・。


 中編(冬コミ3日目編)へ続きます!


「四季のエッセイ・マンガ編」にもどります
トップにもどります