<スクエニ系コミック2007年展望(前編)>

2007・1・1

*後編はこちらです。

 さて、スクエニ系コミックの2006年総括を終えたところで(こちらです)、今度は2007年度の展望を行ってみます。主に、今年のスクエニ系雑誌で予想される新しい動き(新連載やアニメ化等の企画)について書いていきます。

 総括でも書きましたが、2006年のスクエニ系コミックは、安定してはいましたが、反面あまり大きな動きがなく、これといった新しい戦力となる作品に乏しかったように思います。これは少々来年に向けて不安なところで、より強固な新連載が必要なところです。動きの乏しかったガンガンやGファンタジー、大きくリニューアルしたものの成果に乏しかったWINGとパワードは特にそうです。ただ、その中でヤングガンガンだけはかなり堅調で、これは2007年も引き続いて期待できそうなのは救いと言えます。

 また、現時点で、2007年度のアニメ化予定作品として「ながされて藍蘭島」と「瀬戸の花嫁」が控えています。前年から告知されていたものの、結局放映されなかった「壮太くんのアキハバラ奮闘記」も、さすがに今年中には放映することでしょう。それぞれ、ガンガン、WING、Gファンタジーから一本ずつは予定されているということで、これは明るい展望だと言えます。残るヤングガンガンでも、現在「すもももももも」のアニメは継続しており、それ以外に今年にもアニメ化しそうな候補は何本も見られます。これは期待してよいのではないでしょうか。2006年のスクエニは、アニメ化作品がほぼ「すもも」一本しかなく、対外的な話題に事欠きましたが、2007年はそれなりに話題を集めそうです。

 では、以下に雑誌別の展望を記します。


<少年ガンガン>
 2006年のガンガンは、誌面が良くも悪くも固定化された印象で、新連載も前年より増え、まずまずの出来だったように思われます。2005年から2006年にかけての一時期、スクエニゲームの過度な特集ばかりが目立つ誌面が続き、雑誌の方向性を疑ったのですが、今ではそのような行き過ぎた特集はなくなり、通常のマンガ雑誌の形態に戻ったようです。

 しかし、そうは言っても、今のガンガンには、さほど目立つ人気作が少ないのも事実であり、「鋼の錬金術師」や「スパイラル」などの一部人気作に頼っている構造は、さほど変わってないようにも思えます。そして、その状況を改善するべき強力な新連載が必要なわけですが、2007年でもそれを期待することが難しい状況が続くように思えます。

 まず、当面の最大の懸案事項として、「あの『ブレイド三国志』の本連載化(連載再開)はあるのか?」という問題が挙げられます。
 はっきり言ってこのマンガ、ありえないほど問題の多いマンガであり、三国志ものの企画マンガとして、編集者の企画能力を疑わざるを得ない作品でした。そもそも「三国志」という新鮮味のないモチーフの上に、大型の新連載企画として始まったにもかかわらず、短期連載でわずか4回で終了というのが最も不可解でした。内容的にも最悪で、マンガ一巻読破さんのレビューでも、

 など、極めて的確なレビューが為されています。この「マンガ一巻読破」というサイトは、さほど辛口というわけでもないのですが、そこで「商業誌レベルの作品になっていない」とまで言われるのはどうでしょうか。普段スクエニ系ばかりを読むわけではない、一般のマンガ読者に対して、ここまで恥を晒すようなマンガを平然で載せないでいただきたい(笑)。しかも、2007年において、このマンガの本連載化まで狙っているようなのです。短期連載終了後、外伝となる読み切りを盛んにガンガン本誌や姉妹誌で掲載していますし、この流れで行けば、過去の同様の経緯を辿った作品同様、本連載化の可能性は高いのではないかと思われます。
 はっきりいって、絶対にやめるべきでしょう。これを無理に再開しても、ガンガンにとって何の益もないと考えます。

 マンガ一巻読破・ブレイド三国志レビュー


 そしてもうひとつ、2007年の早い時期に組まれている新連載企画「『とある魔術の禁書目録』のコミック化」も大いに不安です。原作は、電撃文庫の人気ライトノベルですが、なぜそれをスクエニのガンガンで連載する必要があるのか。しかも、電撃系雑誌とのダブルコミック化のひとつという企画も不可解です。これでは、スクエニが無理に企画に参入したように見えて、イメージ的にもよろしくないと思うのですが・・・。原作の内容も、熱血系少年マンガとギャルゲー(笑)を組み合わせたかのようなマニアックな構成で、人気はあるものの少々人を選ぶような作風で、この点でも不安です。

 このところのガンガンは、この「ブレイド三国志」や「とある魔術の禁書目録」のような、明らかに不可解な企画が多く、編集者の企画能力を疑わざるを得ない状況になっていると言えます。これでは期待するほうが難しいでしょう。そして、新人自らの作による新連載も、ここ最近のマンガ大賞の不可解な選定や、掲載される読み切り作品がおしなべてレベルが低い点を見ても、これまたいまいち期待できないところです。この状態では、今の一部の作品にのみ依存するガンガンの誌面は、まだまだ長く続くようにも思えます。

 ただ、「ながされて藍蘭島」のアニメ化には、それなりに期待してよさそうです。昨今の萌えアニメの隆盛や、これまでも原作が美少女マニアにかなりの人気を集めているところを見ても、まずかなりの人気は出るのではないか。(公開されたアニメの作画を見ると、少々不安でもあるのですが・・・。) 来期のガンガンは、「鋼」や「スパイラル」に加え、この「藍蘭島」を、数少ない人気作のひとつとして全面的に押し出して、誌面が構成されるような気がします。


<ガンガンパワード>
 2006年のガンガンパワードは、中期に大幅なリニューアルを行い、季刊から隔月刊になった上に、従来の新人育成のための雑誌作りを改め、通常の連載が載る普通の雑誌へと大きく路線を変更しました。同時に、大量の新連載を投入し、特に多くのゲームコミックを中核に据えて、これを新装雑誌の看板として大々的に推し出しました。
 これは、ひどく思い切った試みでしたが、実際に成功した新連載は多くなく、面白いとは言い難い連載が多くを占める形となり、今後に大きな不安を残しました。

 とにかく、今のパワードは、雑誌の半分まではまずまず読めますが、反面決して面白いとは言えない連載も多く、雑誌としていい状態にあるとは思えません。リニューアル前のパワードは、連載本数は少ないもののかなり粒は揃っていた印象があったのですが、今のパワードは、(致命的とは言えないまでも)それが少々崩れてしまっています。
 まず、ゲームコミックの中に失敗作が多すぎました。5本の新連載のうち、「ヴァルキリープロファイル2」「ファイナルファンタジー12」は良作となっており、成功したと言えますが、残りの3つ「聖剣伝説」「シャイニングティアーズ」「キミキス」は、明らかに面白いとは言えない。中でも、「シャイニングティアーズ」「キミキス」のふたつは、原作はスクエニのゲームでもなく、なぜパワードで連載する必要があるのか、その企画意図も不明でした。ガンガン本誌もそうですが、このパワードでも、編集者の企画能力を疑わざるを得ない状態になっていると言えます。正直言って、早期に打ち切るべきでしょう。成功作の2本はかなり堅実に描けているので、新規のゲームコミックはこの2本のみに集約すべきではないでしょうか。

 ゲームコミック以外の新連載も、成功した作品はさほど多くなさそうです。きづきあきら+サトウナンキの「メガネ×パルフェ!」は、さすがにこの作家だけあって面白いですが、それ以外にいいオリジナルの新連載が入ってこなかったようです。大御所・荒川弘の新連載である「獣神演武」も、意外なほど大したことはありませんでした。今後、2007年の早い時期に、介錯の新連載企画が登場する予定らしいですが、ガンガンの「ワるきゅーレ」がまったく面白くなかったところを見るに、これもあまり期待できないのが正直なところでしょう。まだまだ本当に面白い連載の早期確保が必要ではないでしょうか。

 他のスクエニ姉妹誌がアニメ化で賑わう中で、この雑誌にはさすがにアニメ化の話題もなさそうです。そのあたり、対外的な話題にも欠いており、2007年も注目度は低いのではないか。他の雑誌ほどに定着した読者を得られるかは難しいところでしょう。

 総じて、リニューアルの割りにさほど大きな成果がなく、リニューアル以前の人気連載(とりわけ「ひぐらしのなく頃に」のコミック化連載)に頼っているようなところがあります。今はリニューアル直後の勢いがありますが、2007年を通してそれが続くかは難しいのではないかと考えます。


*続きは後編でどうぞ。こちらです。


「四季のエッセイ・マンガ編」にもどります
トップにもどります