<スクエニ系コミック2008年展望(後編)>

2008・12・22

*前編はこちらです。

<ヤングガンガン>
 2007年を通して堅調だったヤングガンガンですが、2008年も期待できそうです。様々なタイプの人気作品が揃っており、現在放映中のアニメ「BAMBOO BLADE」も絶好調で、今が最も充実している雑誌かもしれません。ただ、2007年の新連載本数が少なめで、前年以前の人気連載に頼っている構成になっているのが、僅かに気がかりです。しかし、2008年には、冒頭でいきなり新連載攻勢が告知されています。

 まず、2008年第1号から「鬼燈の島-ホオズキノシマ-」(三部けい)、第2号から「ダイサイズ」(小玉有起)、第3号からあの「ハーメルンのバイオリン弾き」(渡辺道明)の復活連載、 そして第4号から「マンガ家さんとアシスタントさんと」(ヒロユキ)と、4つの連載が告知されています。
 この中で注目すべきは、やはり「ハーメルンのバイオリン弾き」の復活連載でしょう。もうスクエニでの復帰はないと思っていた渡辺さんの突然の復活、しかもあの「ハーメルン」ということで、注目度、話題性では抜群だと思われます。先に増刊で掲載された読み切りも、ほぼかつての「ハーメルン」そのままのテイストが感じられ、これがそのまま連載化されるならば、内容も期待できるかもしれません。
 あとは、ガンガンでも連載されるヒロユキの「マンガ家さんとアシスタントさんと」でしょうか。こちらはショートストーリーでの連載のようですが、青年誌であるヤングガンガンの方が合っているような作風で、こちらの雑誌での連載の方が期待できそうです。それ以外は現時点では未知数ですが、今のところ雑誌の中心作品になれるようなものではないような気がします。今回だけで次のヤングガンガンを担う作品を期待するのは難しいでしょう。

 このところの新連載を見ると、全体的にスクエニ、ヤングガンガン本来の作風と言えるキャラ萌え重視のマンガの新連載の数が非常に少なくなっており、代わって一般向けを意識したかのようなオーソドックスな青年マンガの方が目立ちます。個人的には、もう少しスクエニ的と言える作品の比率を増やしてもよいと思うのですが・・・。このままでは、普通の青年マンガ誌になってしまいそうです。投入される連載陣の質こそ悪くないものの、ここ最近のこのような方針は少々気になるところではあります。あとは、いい加減グラビアはやめるべきでしょうが、こちらもやめる気配がありません。

 アニメ化作品についてですが、現在放映中の「BAMBOO BLADE」以外には、今のところ予定されていません。ただ、連載陣の充実ぶりからして、まだまだ近いうちにまたアニメ化作品が出てもおかしくありません。このところ異様な盛り上がりを見せている「咲 -saki-」が、一足飛びにアニメ化を達成する可能性もありますし、それ以外ならば順当に「黒神」か「ユーベルブラット」あたりがアニメ化有力候補でしょうか。


<Gファンタジー>
 前年のGファンタジーは、定番の長期連載が次第に終了を続け、後を継ぐはずの新連載も短期のシリーズ連載ばかりで定着せず、ラインナップがかなり寂しくなった感があります。雑誌自体もかなり薄くなってきました。しかし、その一方で、新連載以来大ヒット中の「黒執事」を筆頭に、アニメ化を達成した「ZOMBIE-LOAN」、ここ最近で一気に盛り上がりを見せている「隠の王」など、まだまだ良作の連載が残っており、まだかなりの程度の力は残しているようです。とはいえ、連載ラインナップが弱くなっていることは事実であり、雑誌の底上げとなる新連載が必要な状態であることは変わりありません。

 そして、2008年に入ってからの新連載ですが、何と言っても2月号からの夜麻みゆき復活連載「トリフィルファンタジア」が衝撃的です。かつて、「刻の大地」がGファンタジーに移籍以来調子を崩し、2002年末頃を最後に連載中断、その後2005年に正式に連載が終了したことが告知され、もうこのまま消えてしまうと誰もが思っていただけに、かつての熱心な読者にとっては、この復活はまさに嬉しすぎるハプニングだと言えます。さすがに話題性も十分すぎるほどあり、これはもうGファンタジーのみならず、スクエニ全体でも最大の目玉連載ではないかとも思えます。内容的にはショートストーリーでの連載らしく、かつての連載とも関連はないようですが、それでも「夜麻みゆきが連載する」というだけで、非常な期待作品であることに間違いありません。

 ただ、現時点ではこの新連載以外は告知されておらず、いまだラインナップを補完すべき新規作品の数が足りません。今後、短期連載でない長期での安定した新連載が複数本待たれます。

 アニメ化作品では、すでに「隠の王」のアニメ化決定が告知されています。Gファンタジーでも相当な実力派作品であり、ここ最近急速な盛り上がりを見せて絶頂期に入っていることからも、アニメ化自体は妥当だと思います。ただ、ストーリーの速度がやや遅く、じっくり進んでいくタイプの作品だけに、もう少し待って本格的な話数でアニメ化した方がよかったかなとも考えています。内容的には申し分の無い原作ですが、昨今はこのようなタイプの作品がアニメで人気を得るのは難しいような状態なので、成功できるかどうかはまだ分かりません。雑誌はある程度盛り上がるでしょう。


<ガンガンWING>
 2007年のガンガンWINGは、定番の長期連載のほとんどが終了し、雑誌の薄さも極限まで達するなど、雑誌の落ち込みが目に見えるほどの状態になっており、今後の行く末が本当に不安視されます。現時点で、安定した人気連載が5〜6作品程度しかないという有り様で、早期での新規戦力の投入が必須の状態です。

 そのことを踏まえてか、2008年冒頭でいきなり新連載攻勢が予定されています。2月号から「戦国ストライズ」(七海慎吾)、3月号から「BROTHERS兄弟」(なるせよしき)、4月号から「まじぴこる」(稀捺かのと)といった布陣です。七海慎吾と稀捺かのとは、ガンガンWING作家の復活であり、どちらもある程度安定した作品が期待できそうです。ただ、「戦国ストライズ」の元作品となる読み切り(一年以上前にガンガンカスタムで掲載)は今ひとつの内容でしたし、「まじぴこる」もラブコメというだけで今ひとつそれ以上突っ込んだ内容が分からないので、今のところ過度の期待は出来ません。「BROTHERS兄弟」は、新人による新連載で、告知を見るとバトル系の本格ファンタジー作品のようですが、もちろんこれも今のところ未知数です。ここ最近のガンガンWINGは、このような王道バトル系ファンタジーを徐々に採り入れようとしているようですが(2007年の「ネクロマンシア」「磨道」)、それが成功して雑誌の新しいカラーと成り得るのでしょうか。
 そして、仮にこの3作品がすべて成功して雑誌に定着しても、まだガンガンWINGにはラインナップが足りません。さらなる新連載が必要なことも確かな状況です。

 さらに、今年のガンガンWINGは、スクエニ系雑誌で唯一アニメ作品の予定がまったくありません。また、今後の告知にもあまり期待できそうもありません。 なにしろ、長期の人気連載がたったの2本、しかもそのうち1本は前年にアニメを終了させた「瀬戸の花嫁」なのですから、アニメ化できそうな作品がほとんど見当たらないのです。可能性があるとすれば、もう1本の長期連載「機工魔術士-enchanter-」と、近年の新連載で最大の人気を誇る4コママンガ「ちょこっとヒメ」が考えられる程度でしょうか。しかし、その可能性もさほど高くないと推測します。
 前年は、まだ「瀬戸の花嫁」という大好評のアニメ作品があったから、なんとか雑誌が保てた状態だったのですが、今年はそれも期待できないことになります。前年以上の厳しい雑誌運営となるでしょう。


<全体総括>
 総じて、前年の雑誌の落ち込み(連載ラインナップの不足)を反映してか、新連載攻勢を行う雑誌が目立ちます。このこと自体は大いに評価されることですが、肝心の新連載の内容には、今のところ大きな期待ができるものは多くありません。特に、ガンガンの新連載陣は、かなりの物足りなさを感じますし、今後の雑誌作りにまだまだ不安が募ります。Gファンタジー、ガンガンWINGも、現時点では大幅な増強には物足りない状態で、まだ雑誌の底上げには時間がかかりそうです。今年も、唯一堅調であるヤングガンガンに期待するのが妥当でしょうか。

 アニメ化作品では、現時点でアニメ放映中の作品が2本「BAMBOO BLADE」「獣神演武」、アニメ化予定作品が2本「ソウルイーター」「隠の王」となっています。メディアミックス作品の「獣神演武」はいまいちですが、それ以外はかなり期待できそうです。「ソウルイーター」「隠の王」は、それぞれ雑誌の中核となっている連載作品なので、アニメも是非成功してほしいものです。

 それともうひとつ、前年で散々見られた、他社作品をコミックス化するメディアミックス企画は、本当に控えてほしいものです。スクエニとは縁の遠い作品で、雑誌の方向性とは異なることが多く、読者にとって喜ばしいことではないでしょう。また、仮にそれでヒットしたからといって、スクエニマンガの発展に貢献するとは思えません。今の雑誌がどこまで厳しいのかは分かりませんが、安易な人気取り、話題作りはやめ、地道に自社で作品を育て上げるべきでしょう。


「四季のエッセイ・マンガ編」にもどります
トップにもどります