<2012年のスクエニ雑誌を振り返る(前編)>

2012・12・22

*後編はこちらです。

 このサイトでは毎年恒例の、年末にこの一年間のスクエニのマンガの動向を振り返る記事を、今年もまた書いてみます。今では6つのマンガ雑誌を抱えるスクエニですが、その雑誌ごとに今年一年を振り返って見ます。「こんな新連載があった」「このマンガがアニメ化した」「こんなマンガが流行る兆しがある」など、そのときのことを思い出してくださると幸いです。
 この前編では、「少年ガンガン」「ヤングガンガン」「Gファンタジー」の3つの雑誌について振り返ってみます。


<少年ガンガン>
 まずはスクエニの中心雑誌・少年ガンガンですが、今年は・・・いや今年も「平凡な」雑誌に終始したのではないかと思います。雑誌全体を見てぱっとしない連載が多く、やはり読みがいのない雑誌だったと思います。これは、もうずっと前から同じ傾向で、スクエニの雑誌の中で最もぱっとしない雑誌ではないかと考えていますが、今年もその印象は変わりません。

 しかし、その中でも一部に面白い連載、話題となった連載はいくつかありました。
 まずは、昨年後半から開始され、今年春にアニメが放映された、「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」(小林立・五十嵐あぐり)が第一に挙げられます。ヤングガンガンの人気連載「咲-Saki-」のスピンオフ作品で、当初からアニメ化も決まっていたようですが、それが見事にこのガンガンでも成功を収めました。普段はヤングガンガンで「咲-Saki-」を主に読んでいるファンの多くを、ガンガンの購読へと導いた功績は大きく、アニメの成功も相まって、やはり今年一番の成功作と言えるのではないかと思います。現在でもハイペースで連載が続いており、勢いは衰えません。
 もうひとつ、こちらはオリジナル作品で今年秋にアニメ化を達成した「絶園のテンペスト」(城平京・彩崎廉)も挙げないわけにはいかないでしょう。原作者・城平京の作品が、あの「スパイラル」に続いてアニメ化を達成。やはりこの作者は侮れません。あまりにも異色な内容から、アニメの方もかなりとっつきが悪く絶大な人気というわけにはいかなかったようですが、それでもあのボンズによって高品質のアニメが制作された意義は大きい。アニメは年を越えて2クール続くようで、これからもしばらくは雑誌の看板を飾ることになりそうです。

 これ以外の作品では、定番の中心連載である「ソウルイーター」や「とある魔術の禁書目録」などは健在ですが、一方で新連載自体が少なく、あまり話題作を打ち出すことは出来なかったようです。さらに、2010年の開始から大きく推されていた王道少年マンガ「スカイブルー」(小林大樹)が突然打ち切られるなど、この雑誌が目指していた少年マンガ路線もやや鈍ってきたように思えます。むしろ、秋からの新連載「ROBOTICS:NOTES ドリームシーカー」(5pb.+知乃綴)、昨年からの連載「ギルティクラウン」と、アニメ作品のコミカライズ路線を今年も継続するようで、このようなアニメ作品のコミカライズが、このガンガンも含めたスクエニ雑誌全体の方針となっているようです。あるいは、ヤングガンガンからのスピンオフである前述の「咲-Saki-阿知賀編」や、あるいはゲーム・ファイナルファンタジー新作のコミカライズ「FINAL FANTASY 零式」(塩沢天人志)のように、ガンガンオリジナルの少年マンガから幅を広げて、より人気の見込める企画を外部から露骨に求める傾向が強まったように思えます。

 そんな中で、数少ないオリジナル作品で見るべきものとして、2つの新作4コママンガ「恋するみちるお嬢様」(若林稔弥)「ピース*2」(鳴海けい)を挙げたいと思います。どちらも卒なく笑えるよく出来たコメディ4コマとなっていて、非常に楽しいものがありました。以前より4コママンガの良作が多かったスクエニですが、今年は特に優れた新作が多かったようで、それがガンガンでも2作品ほど見られたのはいい傾向だと思いました。


<ヤングガンガン>
 創刊以来長らく、スクエニで最も面白い雑誌として評価されてきたヤングガンガンですが、ここ最近はその勢いに陰りが見えてきたように思われます。アニメ化作品が大きく減ったことからもその傾向は顕著で、かつては何作品も続けてアニメ化作品を出してきた時期も続いていましたが、ここ数年は、2010年に「はなまる幼稚園」と「荒川アンダー ザ ブリッジ」(2期)のアニメが放映されたことを最後に、完全に途絶えてしまっています。残念ながら、アニメ化を達成するほどの人気連載を打ち出せていないのが現状のようです。

 そんな中で、今のヤングガンガンで安定した人気を維持し、今後も期待できる作品となると、これはガンガン同様、「咲-Saki-」(小林立)ということになりそうです。こちらは、来年のアニメ2期放映が決まったようで、これが久々のヤングガンガンからのアニメになります。前回のアニメやあるいは今年の「阿知賀編」アニメのクオリティから、この2期のアニメも存分に期待できるでしょうし、来年はさらに「咲-Saki-」を中心に雑誌が回っていくことになりそうです。

 これ以外でも、読める連載はまだいくつかあります。まず、数年前からこの雑誌が進めてきた青年誌的なアクションマンガの中から、どうも「牙の旅商人 〜The Arms Peddler〜」(七月鏡月・梟)が頭ひとつ抜け出してきたようです。ファンタジー世界での重厚なバトル・冒険ストーリーと卓越した画力が魅力のこの作品、最近は巻頭カラーも日増しに多くなっていて、いよいよ雑誌が本腰を入れてこのマンガを推してきたようです。もっとも、今までこの手の作品がアニメ化を達成したことはありませんが、もし実現すればその端緒となりそうです。これ以外でも、「死がふたりを分かつまで」(たかしげ宙・DOUBLE-S)や、今年からの新連載でJOKER連載のスピンオフ「キャタピラー」(村田真哉・匣咲いすか)なども期待作に入るかもしれません。しかし、一方で、「新選組刃義抄 アサギ」(山村竜也・蜷川ヤエコ)が、明らかな打ち切りで最終回を迎えるなど、必ずしもすべてが順調に行っているわけではないようです。また、今年に入って、長らく超ハイレベルな連載を続けていた「FRONT MISSON DOG LIFE & DOG STYLE」(太田垣康男・C.H.LINE)が最終回を迎えたのも、非常に惜しいことだと思いました。

 それ以外だと、今年になって「キッド・アイ・ラック!」(長田悠幸)と「少女芸人トリオ ごるもあ」(青稀シン)という、ふたつの「お笑い」をテーマにした連載が始まったのが、ちょっと目立つ動きでした。いまだ両方ともそこまでの人気を得られてはいないようですが、しかし前者の作品がテーマとする「大喜利」の大会が開かれるなど、盛り上げようという企画はあるようで、これが成功すれば面白いかもしれません。
 他に良作を挙げると、農業がテーマのライトノベルのコミカライズ「のうりん」(白鳥士郎・亜桜まる)、ライトノベルのコミカライズ4コマながら安定した面白さを維持した「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる4コマ」(裕時悠示・まりも)や、巻末フルカラーの名物シュールギャグ「+(プラス)チック姉さん」(栗井茶)あたりは面白かったと思います。不定期連載されている将棋部萌え4コマ「よん駒!」(みやびあきの×maa坊)、芸術家が主役の異色4コマ「ゴッホちゃん」(マブレックス)なども光るものがありました。ただ、全体的に小粒感は否めず、ここからかつてのように次々とアニメ化を達成するほどのラインナップに成長するには、もう少し時間がかかるかもしれません。


<Gファンタジー>
 スクエニ雑誌の中では、最も動きが少ないのがこのGファンタジーで、今年もまた大きな動きはありませんでした。「黒執事」や「Pandora Hearts」の2つの連載が中心だったことは変わらず、まあこのふたつが健在なのは何よりだと思いますが、やはりこの後を継ぐ有力な新規連載の数が少ないのは気になります。

 しかし、今年は久々にいい新連載がいくつか見られました。まず、なんといってもライトノベルのコミカライズ「魔法科高校の劣等生」(佐島勉・きたうみつな)。近年のスクエニのコミカライズの中でも特に優秀で、原作を極めてよく再現した作画が顕著でした。作画を担当したきたうみつなは、かつて随分と前に「To Heart2」のコミカライズ連載を終えてからまったく音沙汰がなく、もう再登場はないものと思っていただけに、この健在な仕事ぶりはうれしい。原作もあの「ソードアート・オンライン」に継ぐオンライン小説の有力作品のようで、これは来年から大きな展開が期待できるかもしれません。
 もうひとつ、「夢喰見聞」「鳥籠学級」の真柴真の新作「詠う!平安京」(真柴真)も面白いと思います。平安時代の歌人たちが和歌で派手なバトルをするという作品で、有名な歌人たちのくだけた素顔が見られるのが非常に面白いと思いました。今までも良作を続けてきた真柴真だけに、今回はより大きな成功を収めてほしいと思います。

 ただ、こうした作品が見られる一方で、今ひとつな作品も多く、特に雑誌がより女性向けになり、強く女性向けな作品が増えたのは気がかりでした。乙女ゲームのコミカライズだった「TOKYOヤマノテBOYS」 (Rejet・前田浩孝・卯月なごや)がその代表ともいえる作品で、しかしこうした作品の多くはぱっとしなかったと思います。元々女性向けのカラーが強い雑誌で、ここ近年ははっきりと女性向け雑誌と位置づけられているようですが、しかし来年以降もあまりに露骨な作品が増えるのは気がかりです。「黒執事」のように誰もが楽しめる作品なら問題ないのですが・・・。

 また、アニメ化作品としては、年初に放映された「君と僕。」(堀田きいち)の2期が変わらぬ良作だったのは僥倖でした。さらに、来年開始早々にあの「キューティクル探偵因幡」(もち)のアニメ放映も控えており、原作は爆笑ギャグだけに、アニメでどれだけそのギャグを再現できるか楽しみなところです。

 それ以外の作品としては、ライトノベル「デュラララ!!」のコミカライズ「デュラララ!!罪歌編」(成田良悟・茶鳥木明代)やガンガンONLINE連載のリメイク「ホリミヤ」(HERO・萩原ダイスケ)も良作でした。短期連載から好評を受けて長期連載化した「BLOOD PARADE」(唐沢一義)は、思ったより早く終わってしまったのは残念でした。


「四季のエッセイ・マンガ編」にもどります
トップにもどります