<CHOKO・ビースト!!・キャラクター名鑑(1)> ──「CHOKO・ビースト!!」──

2008・2・14

*キャラクター名鑑(2)はこちらです。

 「CHOKO・ビースト!!」は、個性的なキャラクターひとりひとりに本当に魅力があり、それぞれのキャラクターに読者から多くの固定ファンがつきました。連載期間は短かったものの、のちのちまでそのキャラクター人気は大変に根強いものがありました。これは、作者の次回作「PON!とキマイラ」が盛況だった影響も大きく、このふたつの作品を同時に楽しむ読者が多かったのです。当時は、インターネット上でも熱心なファンを大勢見かけました。
 ここでは、そんなキャラクターたちの個性の考察と、実際に当時の読者の間でどのような人気を得たか、そのあたりの面白い事情まで描いてみたいと思います。


<京太(弥栄京太)>
 京太を一言で言うと、「乱暴で悪ふざけ好きなところもあるが、根はいい奴で憎めない主人公」といったところでしょうか。また、ことあるごとにひどい目に合わされるのも、笑えると同時に同情を誘い、キャラクターの好印象に拍車を掛けています。
 特に最初のうちは、ちょーこに容赦なくデコピンを食らわせたり、なぐったりつねったりころがしたりと、よく考えると随分とひどいことをやっているような気がするんですが、不思議と悪い印象は少ないです(ちょーこの反応が鈍感だからかもしれませんが)。これが後半になると、少しずつではあるがちょーこのことを親身に思うような行動が増えていき、さらに印象は良くなります。
 意外に悪ノリが好きなところも、いかにも活発な中学生らしくて悪くないです。頭も悪くないですし、なんのかんのいってちょーこの世話を卒なくこなしているあたり、中学生としては非常によくやっていると言えるかもしれません。

 これが、次回作の「PON!とキマイラ」だと、主人公の八満(笠置八満)が、えらく悪人っぽい性格が強くなり、人によってはかなりの抵抗を持たれるようになったのですが、この京太は対照的に最後まで好印象のままでした。このあたりが、「CHOKO・ビースト!!」と「PON!とキマイラ」の作品そのものの印象の違いを生んでいます。ギャグ・コメディの面白さでは「PON!とキマイラ」の方が一回り上で、こちらの方が読者人気は高かったと思いますが、しかし「CHOKO・ビースト!!」は、誰もが楽しめる親しみやすさでは上だったと思いますし、こちらの方が好きという読者も大勢いたのです。

 また、この「CHOKO・ビースト!!」の読み切り版では、京太ではなく正志というキャラクターが主人公で、京太と似たタイプの主人公ではあるものの、こちらは高校生という一回り上の年齢設定で、落ち着いた言動が多かったのが特徴的でした。ガンガンの読者層を考慮して中学生という設定になったようですが、こちらの読み切り版の正志の方が好きという読者も多かったようです(このあたりの事情はコミックスの後書きで記されています)。



<ちょーこ(蝶子・弥栄蝶子)>
 浅野りん作品の中で、ちょーこほど愛されたキャラクターは他にいないでしょう。純粋なキャラクター人気では他にもっと上のキャラクターがいるかもしれませんが、誰にでも親しまれたという点では、まずこのちょーこを置いて他にはないかと。
 とてつもなく無邪気でおバカで、ことあるごとに迷惑な騒ぎを引き起こしてしまうのですが、まったく悪意がないためか、悪い印象を与えることは少なく、むしろその純真な行動に惹かれることもしばしありました。手のかかる幼児だが、誰にとっても憎めないキャラクターと言えます。
 そして、やはり見た目のかわいらしさも見逃せません。ゆったりした和風な服装と独特の髪型が特徴的で、まるっこい体型とよく合っていて、ころころとかわいらしい印象を与えます。精神獣のガァと一緒にいるとかわいさ倍増。幼稚園に通うようになってからの服もやたらかわいく、危なっかしいファンまで生むことになりました(笑)。

 そう、このちょーこに関しては、作中でも彼女をかわいがるキャラクターを「ロリ」だと糾弾するシーンが何度も出てきますが、現実の読者の間でもそういう会話は頻繁に交わされることになりました。ガンガンのマンガでは、初めてロリコンを読者に知らしめたマンガかもしれません(笑)。ただ、いわゆる「萌え」的な感情を抱く人は多くなく、純粋にキャラクターのかわいさに人気が集まったという点は指摘しておかねばなりません。その点で、極めて健全な人気だったと言えます。ちなみに、この「CHOKO・ビースト!!」で高い萌え人気を集めたキャラクターは、このちょーこではなく、もっと他にいたのです(後述)。



<飛鳥・羽鳥>
 この飛鳥(ひどり)・羽鳥(はどり)の双子の天狗兄弟に関しては、いろいろと書くべきところがありますね。
 比較的真面目で、ちょーこを必要以上に溺愛する飛鳥と、対して割と不真面目で、悪ふざけ大好きで積極的に騒ぎを楽しもうとする楽観的な羽鳥と、このふたりの正反対のキャラクターは、見ていて非常に面白く、このマンガでも最大の人気キャラクターのひとつともなりました。「ちょーこ好き=ロリ」という概念を我々に植え付けた飛鳥の功績は大きい(笑)。また、羽鳥の飄々として悪ノリ大好きな性格は、浅野りん作品では定番のキャラクター像として、その後も何度も見ることになります。「PON!とキマイラ」のキャラクターの多くは、基本的にこの羽鳥的な性格を受け継いでいると言っても過言ではないでしょう。

 また、このふたりのうちどちらが兄かを最後まで明言しなかったため、そのことも読者の間で話題となりました。わたしは、飛鳥の方が兄だと思っていたのですが・・・。結局、コミックス最終巻の後書きで明かされることになりましたが、いっそ謎のままで残していてもいいかなとも思いました。

 しかし、このふたりに関しては、一部読者に異様な人気を集めた(集めてしまった)ことが、あまりにも印象的でありました。このふたり、見た目的にもかっこいいキャラクターで、その点でも人気を集め、特に女性読者の人気が高かったのですが、ここで思いもよらない受け方をします。

 どういうわけか、一部のマニア系女性読者、今で言うところの腐女子に異様な人気を集めてしまうのです。「CHOKO・ビースト!!」という作品自体は、特に腐女子に高い人気を集めた作品ではなかったため(少なくとも「最遊記」や「鋼の錬金術師」のようなマンガではない)、なぜこのキャラクターだけが人気を集めたのか、理由がよく分かりません。その見た目に特に惹かれる点があったのか、仲の良い双子という設定が興味をそそったのか、そのあたりは本当によく分からないです。ひょっとすると、これがガンガン系マンガで腐女子の人気を集めた最初のケースではないでしょうか? これ以前にも、「ハーメルン」や「ロトの紋章」、柴田亜美作品などで、一部そのようなファンが付いたことはあるみたいですが、ここまではっきりと表れたのは、これがほぼ最初だったように思います。いずれにせよ、作品そのものがその手の読者に特に強く人気を集めたわけではないのに、特定のキャラクターのみに異様に人気が集中したというのは、中々に珍しいケースであると言えます。



<東山檀・東山楓>
 この精神獣使いの姉弟も、また極めて個性的で印象深いキャラクターたちですね。
 特に弟の檀の方は、あまりにも弱気で被害妄想に満ち、とてつもなく卑屈なキャラクターとなっており、その異様な言動は嫌が上にも印象に残ります。この 「CHOKO・ビースト!!」の個性派揃いのキャラクターの中でも、ひときわ個性的なキャラクターだと言えるでしょう。この檀も、飛鳥・羽鳥ほどではないにしろ女性人気が高く(ただし腐女子人気はない)、異様なキャラクターながら極めて高い人気を残しました。嫌がる京太を「天使の君」と慕いまくる姿がなんとも笑えます。浅野りん独特の個性派キャラクターだったかもしれません。

 その姉にして、正反対に気が強い楓のキャラクターも印象が強かった。この檀を唯一平然と殴れるキャラクターとして、弟とは正反対のさっぱりした性格が人気を集めました。それでいて、なぜかちょーこの無邪気な行動に翻弄される姿も笑えました。ちょーこや海原(後述)に押されて、女性キャラクターとしてはさほど人気がなかったようにも映りましたが、出番自体は相当多かったし、なにげに重要なキャラクターでした。檀が基本役に立たないので(笑)、こちらがストーリーを引っ張ることが多かった。精神獣の鷹がやたらかっこよかったのも印象的でした。

 このふたり以外にも、精神獣使いのキャラクターは何人も登場しましたが、誰一人とってもどこか異様なキャラクターばかりで(笑)、敵とはいえ抜けたところが多く憎めない存在として、物語に毎回笑いを添えてくれました。ちょーこたちにとって敵となるキャラクターとはいえ、誰一人として悪い人物としては描かれていなかったのが、このマンガの優しいあり方を象徴していると言えるでしょう。



*続きのキャラクター名鑑(2)はこちらです。


「The Best Comic」にもどります
トップにもどります