<デビルサマナー ソウルハッカーズ>

2003・4・18

 アトラスの名作RPG・女神転生(メガテン)シリーズのひとつで、その中でも最も面白かったゲームだと思います。最近発売されたPS2の「真・女神転生3」がかなり評判がいいみたいですが、それを除けば、やはりこの「ハッカーズ」がベストではないかと。

 ただ、過去のメガテンシリーズと比較して、それほどゲーム性に変化がある訳ではありません。では、何故ほかのシリーズよりも面白かったのか? それはやはりプレイアビリティが大幅に向上したからにほかなりません。

 FC・SFC時代のメガテン、そしてセガサターンで発売されたハッカーズの前作「デビルサマナー」、同時期にプレイステーションで発売された「ペルソナ」までの同シリーズは、とにかく遊びにくいゲームという印象でした。特にFC・SFC時代までのメガテンは、オート戦闘ばかりで大した面白さが無い戦闘、異常に高いエンカウント率、ボス戦以外では全く上がらないレベル、無意味にだだっ広いだけのダンジョン、その上極めて少ないセーブポイントと、とにかくプレイヤーの方が根負けしてしまうほど面倒なゲームでした。
 それが、この「ソウルハッカーズ」ではほとんどの部分で改善され、普通のRPGと同じくらい快適に遊ぶことができるのです。もうメガテンシリーズでは考えられません(笑)。

 とりあえず戦闘が普通のRPG並に面白くなったのが大きいです。オーソックスなドラクエ式のターン戦闘ですが、メガテンシリーズの特徴である多彩な「属性」の概念が戦闘を面白くしています。今までのシリーズでも属性の概念はあったのですが、戦闘がオート中心でつまらないものだったために、属性の存在はわずらわしいものでしかなかったのです。
 しかし、ハッカーズではこの戦闘が大きく改善され、きちんと一体ずつ属性を見極めて攻撃方法を選択していく必要があります。もうオート戦闘では無理ですね。このハッカーズにおいて、初めてメガテンシリーズの属性戦闘の面白さが活きてきたといえるでしょう。
 戦闘のエンカウント率も平均的になり、ザコとの通常戦闘でもきちんとレベルアップできます。3Dダンジョンもかつての異常な広さは無くなり、適度な広さと攻略性を合わせ持つように改善されています。COMP使用不可エリアというプレイヤーに対する嫌がらせとしか思えないギミックもありません(笑)。
 そして、何と言っても常時セーブが可能になった点が非常に大きいです。いまだに常時セーブができないゲームが多数派を占める中、いつでもセーブして中断が出来るというのは非常にありがたい。

 ・・・と、このように、ほぼあらゆる点で快適にゲームがプレイでき、かつ「悪魔との会話・合体」という従来のメガテンシリーズの楽しさも完全に受け継いでいるということで、大変優秀なゲームです。昔からこれくらい快適ならこのシリーズの評価はもっと高かったはずなんですが・・・。

 唯一、過去のシリーズと比較して残念なのが、「ストーリーが一本道である」という点かな。過去のメガテンの「自由度の高いゲーム展開の中で、プレイヤー自らが進むべき道を選択していく楽しみ」はないです。ストーリーもかなり強制的で、「心情的に」ゆっくりとレベルアップや仲魔集めがやりにくいです。

 ストーリーそのものは良かったんですけどね。特に、「ビジョンクエスト」というストーリーの見せ方が面白い。「過去に遡って他人の人生を追体験できる」というコンセプトで、ゲーム中に主人公以外のキャラクターを操作するというシーンがあります。まあ、RPGにおいて別キャラクターを操作するというのはさほど珍しいことではなく、FFシリーズあたりではいくらでもあります。しかし、「他人の人生を追体験」という設定を設けて、あくまで主人公=プレイヤーの視点を保持しようとするコンセプトがいかにもメガテン的で良いです。ビジョンクエストの内容自体もいい。3つあるビジョンクエストのどれもが深みのあるストーリーで大変よろしい。うん、ビジョンクエスト最高(笑)。


 このように「ソウルハッカーズ」はメガテンシリーズの中でも最も遊びやすく、文句なく面白いゲームです。今なら値段も安いですし、とりあえずメガテンシリーズに触れてみたい、という人におすすめです。
 ただ、ひとつだけ注意点があります。このゲームは最初にセガサターン(SS)でリリースされ、のちにプレイステーション(PS)に移植されました。で、移植先のPS版では処理が遅く、戦闘に入るまでに8秒・オートマップを呼び出すだけで3秒・オートマップを抜けるのに4秒・メニュー画面に入るのにも同じくらいかかります。これはかなりストレスが溜まるので、待ち時間に耐えられない人にはおすすめできません。PS版には多くの追加要素がありますが、それが気にならない人はSS版でプレイするとよいでしょう。


「面白かったゲーム」にもどります
ゲームトップへもどります
トップへもどります