<ヴァルキリープロファイル2〜シルメリア〜>(中編記事)

2006・8・5

*前編記事はこちらです。
*後編記事はこちらです。

・相変わらず非常に凝った戦闘システム。
 ヴァルキリープロファイルを製作したのは、トライエースという開発会社ですが、ここの開発陣の作るRPGは、とにかく戦闘システムに関しては毎回定評があり、今作であるVP2でも徹底的に凝った戦闘システムを作り上げています。

 ベースとなるシステムは前作を踏襲しており、4人パーティーで連続攻撃をつなげて決め技(超必殺技)でとどめ、というアクション性の高いシステムはそのまま残っています。加えて今回は、マップ上を移動するシステムを採用しており、敵と闘う前に、マップ中を移動して敵に接近する必要があります。一見すると、同社の「スターオーシャン」の戦闘スタイルに近いように見えますが、しかし移動においてアクション性・リアルタイム性は一切なく、純粋なターン性を採用しています。そして、この移動のシステムが良く出来ていて面白い。

 具体的には、通常の歩きでの移動のほかに、「ダッシュ」という特殊移動があります。普通に歩いていくと、ほとんどの場合、接近する前に敵の攻撃範囲に入ってそのまま攻撃されてしまうのですが、ダッシュならばそのモーション中は完全無敵。しかもダッシュ直後に間断なく攻撃を仕掛けることも可能です。そこで、ダッシュを駆使して敵の攻撃範囲をかいくぐり、そのまま先制攻撃を仕掛けるのが戦闘の基本スタイルになります。このような、相手の攻撃範囲をうまく見切った上で、ダッシュをうまく使って接近→攻撃という一連のプレイが非常に戦略的で面白いのです。

 さらに、今回の戦闘システムでは、AP(アクションポイント)と呼ばれる、言わば行動力のシステムを採用しており、これとの兼ね合いもうまく出来ています。ダッシュも攻撃もすべてAPを消費するため、使い勝手がいいからといってダッシュばかり使っていると、せっかく接近してもAPが足りなくて攻撃できないという事態に陥ります。逆に、通常の歩きの移動ならばAPは回復しますので、実は歩きによる通常移動もきっちり併用する必要があります。可能な限り歩きで粘ってAPを回復し、ここぞと言う時にダッシュを駆使して一気に接近、先制攻撃でそのまま敵を倒す、というスタイルが基本となりますね。

ダッシュ

 このゲーム、見た目以上に難易度が高いようで、先制攻撃でどんどん敵を片付けていく必要があり、上記のようなプレイは必須と言えます。敵を倒してもAPが回復するシステムなので、先制攻撃で敵を倒すことさえ出来れば、そのまま行動し続けることができます。逆に、一旦敵側から先制攻撃を食らい始めると、そのまま一気に窮地に陥ることも珍しくなく、非常に歯ごたえのある戦闘に仕上がっています。

 加えて、「部位破壊」というシステムも面白いですね。敵モンスターの特定の箇所を集中攻撃することで、その部分(部位)を破壊でき、運が良ければ特定のアイテムも入手できるというもので、これは爽快感もあってひどくはまるシステムです。特定の部位を狙って破壊するために、使う通常技を(時には仲間を)変更したり、ダッシュで側面や背後に回り込んで攻撃したりといった工夫のしがいがあります。これは3D戦闘ならではのシステムでしょう。また、単純に、戦闘ごとに何らかのアイテムが手に入ることが嬉しいというのもポイントで、経験値がさほど手に入らないザコ敵が相手でも、何かアイテムが手に入るとそれだけで満足感があります。また、この部位破壊で手に入るアイテムは、スキル(後述)の習得においても非常に重要です。


・戦闘前の下準備が非常に重要だ。
 また、このゲームの場合、戦闘中のテクニックだけでなく、戦闘前に有利な態勢を整えておくことが非常に重要です。

 まず、とりあえず装備のシステムが凝っています。このゲームでは、RPGでは基本と言える、武器・鎧・兜・篭手・足装備のほかに、アクセサリと呼ばれる補助装備を4つまで付けることができます。この時に、同属性(色)の装備を揃えてつなげることによって、アクセサリの能力を強化できるというシステムで、装備の組み合わせにひどく頭を使います。

 さらには、「スキル」という、戦闘を有利にする特殊能力の存在も欠かせません。これは、上記の装備の組み合わせによって覚えることが可能になるシステムであり、これまたスキルを覚えるための装備の組み合わせにひどく頭を使うことになります。スキルには使えないものも結構ありますが、使えるものはとことんまで使える有用なものも多く、難易度の高い戦闘において、スキルをうまく選別してセットする下準備は欠かせません。

装備の色属性を揃えると・・・。

台座に置かれた封印石  そしてもうひとつ、「封印石」という独特のシステムも外せません。封印石とは、なんらかの持続効果(エンチャント効果)を周りに及ぼすもので、自分が所持していればパーティー全員に、ダンジョン内に点在する「台座」に配置すれば周辺の敵全部に効果が及びます。石には、「剣の加護」(攻撃力アップ)のようにプラスの効果をもたらすものもあれば、「手枷の戒」(ガード禁止)のようにマイナスの効果をもたらすものもあります。
 基本的には、プラスの効果を持つ封印石を自分で所持してパーティーを強化し、マイナス効果を持つ石を台座にセットして敵を弱体化、という使い方がメインとなるでしょう。この封印石の組み合わせで、徹底的に自分に有利な「場」を作り出す快感には、かなりのものがあります。

 そして、これら装備・スキル・封印石のすべてを徹底的に下準備しておくことで、非常に大きな効果を生み出すことができます。後半のボス戦などは、普通に闘えば中々倒せないような強固なボスであっても、装備とスキルと封印石のすべてを最適にセットしてから戦闘に入れば、わずか1ターンで瞬殺できるようなことも珍しくありません。このあたりの戦略性の高さは、トライエースのRPGならではです。

 これらのシステムは、どれも非常に複雑でとっつきにくいものばかりで、おしなべてマニアックな感は否めないシステムです。トライエースのRPGにはこのようなものが多く、とっつきが悪く難解な印象は否めないけれども、一旦分かってしまえばとことんまで突き詰めることの出来る、非常に奥の深いシステム作りに定評があります。シンプルで誰でもすぐにプレイできることを利点とするDS系のゲームとは、まさに正反対の存在のゲームだと言えます。


・ダンジョンの攻略について。
 加えて、ダンジョンの攻略でも相当に頭を使います。
 前作の「晶石」を使ったアクションも相当に面白かったのですが、今回の「光子」のアクションも中々のものです。ダンジョン内の敵に「光子」を当てると、敵を固めてその上に乗れる→高いところに行けるというのは、前作そのままです。しかし今回は、固まった敵にさらに光子を当てることで、自分と敵との位置を入れ替えることができ、これを使ったパズル的なギミックが、ダンジョン攻略の中心となっています。

 単にダンジョンを攻略するだけなら、さほど難しい仕掛けは用意されていませんが、ダンジョン内に点在する宝箱や封印石をすべて取ろうとしたら、これがかなり難解なパズルを解かねばなりません。この独特のダンジョンパズルは、かなりよく練られていて、ゲームの先に進むにつれて少しずつ少しずつ難しくなっていくあたり、本当によく考えてあります。これもまた、戦闘と並んで前作ゆずりの面白さを持つシステムに仕上がっていると言えるでしょう。

光子発射シーン


 このように、およそ戦闘とダンジョン攻略のシステムに関しては、難解で複雑ながら非常に奥深いものに仕上がっており、かつ前作からの継承・発展の要素も十分に感じられ、この部分の作りこみに関しては大いに評価できます。ヴァルキリープロファイルの続編としては、前作のシステムは戦闘とダンジョン攻略以外にはまったく影も形も残っておらず、非常に落胆したところも多いゲームなのですが、およそ戦闘とダンジョンだけは作りこまれているのです。ある意味では実にトライエースらしい、一部の要素にひどく特化したゲームになったと言えます。


*続きは後編記事でどうぞ。こちらです。


「面白かったゲーム」にもどります
ゲームトップへもどります
トップへもどります