<サムライスピリッツ 零>

2003・12・23

 ここにきて、ようやく遊べるサムライスピリッツが出ました。
 この「サムライスピリッツ」というゲームは、おそらく最初に出た初代が一番面白くて、その後続編が出るたびにどんどんつまらなくなるという大変困った存在でした(笑)。
 もともと初代が面白かったのは、シンプルな通常技メインのゲームで初心者でも簡単にプレイでき、面倒な連続技を覚える必要もなく、むしろ大ダメージの斬り攻撃が抜群の爽快感をもつ、ほかの対戦格闘では味わえないゲームだったからです。
 それが続編が出るたびになぜか爽快感が減少し、連続技重視になってシンプルなゲーム性も薄れ、もともと初代が持っていた味がどんどん消えていってしまったのです。

 しかし、前作から6年。今になってリリースされた今回の「サムスピ」は、かつての初代の面白さがついに復活し、シンプルな駆け引きが楽しめるゲームとなって帰ってきました。
 グラフィック的には6年前の前作「天草降臨」の使いまわしで新鮮味はありませんが、中身は全くの別物。「14連斬」等の連続技全開だった天草降臨と違い、連続技はほとんどなく、プレイ感覚は間違いなく初代に近いものです。

 初代に近いゲームとあって、あの・・大斬りの超絶ダメージは健在。今回は「剣気ゲージ」という、技を出さずにゲージを溜めることでダメージが上がるシステムが新たに取り入れられ、さらに大ダメージの恐怖度が上がりました。
 そして中間距離での斬りあい・突きあいの駆け引きの面白さも健在。サムスピ対戦のメインともいえるこの緊張感あふれる攻防は、しかし複雑な操作を必要とせず初心者でも気軽に楽しめるものです。

 そして今回は数少ない新要素である新キャラクターの特徴付けがいいですね。もともとサムスピは、個々のキャラクターがビジュアル・設定面だけでなく、ゲームの性能面でも大きな個性を発揮していました。大斬り一発で三分の一以上のダメージを奪う覇王丸や王虎、鷹につかまって移動するナコルル、投げを喰らわない巨体のアースクエイク等々、ほかのゲームでは見られない斬新なキャラ性能を見て誰もが驚いたものです。
 今回加わった新キャラ4人も、かつてのようにそれぞれ斬新な特徴を与えられていて、いかにもサムスピらしくてよい。個性的な必殺技を大量に所持する慶寅や、通常技から必殺技まで飛び道具全開のミナあたりは、まさにサムスピならではの斬新なキャラクターだと言えます。
 一方で、旧キャラクターの性能も、新ゲームに合わせてうまくアレンジされていて、わたしのような旧作のファンでも満足できます。全体的にかつてのサムスピの面白さを丁寧に再現することに力を注いだようで、残念ながら新要素こそ少ないものの、それ以外はうまくまとまっていて大変遊びやすい。久々にゲームセンターで遊べる対戦格闘でありました。


 ただ、全体的には良作ではありましたが、名作だった初代と比較するとまだまだ不満な点がないわけではありません。
 最大の問題は、技の種類ごとの「ダメージ量」に対する疑問です。
 このゲーム、確かに大斬りはかつて同様の凄まじいダメージ量ですが、それに対してなぜか中斬り・小斬り、あるいは蹴りのダメージがとにかく低い。これらの小技はサムスピの駆け引きにおいては必須なんですが、そのダメージがあまりにも低いために使い勝手がよくない。
 逆に各種必殺技の方がコンスタントにダメージを与えられるため、対戦ではダメージの強い大斬りと必殺技ばかりに比重が片寄りがちです。つまり、このゲームのダメージ設定は、

 大斬り > 必殺技 >>> 中斬り > 小斬り > 蹴り 

となっています。そして大斬りは確かに強いがその分バクチ性が強く、毎回コンスタントなダメージは期待できません。となると、使いやすい性能をもつ必殺技が最もコンスタントなダメージ源となってしまいます。一部に必殺技連発だけでやたら強いキャラクターがいるのもこのためです。
 かつてのサムスピは、大斬りも確かに強いが同時に小技も強く、中・小斬りや蹴り技もとにかく強かった。しかし今回は、どうも大斬りと必殺技の威力ばかりが目立ってしまうゲームになった気がします。

 演出的に6年前のゲームとグラフィックが同じで、地味な点が否めないのも残念でした。その上今回は昔のシリーズの面白さを再現することに集中したためか、まさに昔のゲームそのままといった感じでこれといったインパクトに乏しかった気がします。ゲームセンターではあまり目立つ存在ではなかったと思います。良いゲームではありましたが、ゲーセンで大ヒットするまでにはいかなかったのではないでしょうか。


 とはいえ、それでも個人的にはかなり楽しんだゲームでした。今の対戦格闘と違い、ストーリー性が豊かでCPU戦が楽しいのも優れたところです。CPU戦自体も序盤は簡単に進めて、かつ中盤・終盤に歯ごたえのある闘いでクリアを目指すパターン作りがとても楽しいものでした。次回作のサムスピも計画にあるらしいし、より期待して待ちたいところです。


「割と楽しかったゲーム」にもどります
ゲームトップへもどります
トップへもどります